名古屋市内、西三河、知多半島、名古屋近郊の外構・エクステリアなら名古屋市緑区の株式会社日出山にお任せください

お問い合わせ
Column

コラム

2019/10/05

外構の「なんだこれ」①後編

こんにちは!!!日出山です。

 

前回お伝えしました「雨水枡」「汚水桝」についての続きです。

生活する上で必ず必要になる(のに知名度が低い)「桝」…

どうして外構工事で大事なのでしょうか。

 

桝は、住宅工事の初期段階である基礎工事の際に設置されます。

トイレやキッチンの排水管、雨水を流す排水管などを地面に埋込み、

桝を設置していくという流れになります。

 

多くの場合は現況の地面の高さに合わせて設置するのですが

埋め込んで数か月後、いざ外構工事を行おうと思うと……。

計画によっては段差をつけて(階段を数段作るなど)高低差を出したり

駐車場の水勾配を取るため(雨水などが敷地外の側溝へ流れていくようにするため)に

地面を低くする場合がありますが、

計画通りに地面を低くしたくても配管があるのでできない!ということになってしまいます。

また、雨水桝はある程度、位置の移動に自由がききますが

汚水桝は自治体によっては申請などが必要になり、最悪の場合だと動かせないこともあるので

念願のプランが叶わないことにもつながってしまいます…。

地味~な桝ですが、実は結構、落とし穴があったりするんですね。

 

さてではどうすればそのような状態を回避できるかというと、

①建物工事の着工までに外構プランを決めておく

②建物工事着工後、外構プラン作成時に、建物工事をしてくれたハウスメーカーさんや工務店さんに

排水経路図や現地の桝の位置が分かる写真をもらって、私たち外構業者に渡す

などの方法があります。

①が一番理想的ですが、なかなかそこまで追いつかない…ということもありますので

②の方が行いやすいかもしれません。

また新築のみならず、既存のおうちで庭をリフォームしよう!という場合でも、

桝があるので施工ができません…というケースもあります。要注意!

なかなか普段の生活では気にすることが少ない「桝」、

よ~くチェックしてみて下さいね!!

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

お問い合わせ

Contact

お電話でのご相談・お問い合わせ

Tel 052-890-5700

受付時間:9:00~18:00(休業日/毎週水曜日)

オンラインでのお問い合わせ

CONTACT FORM