名古屋市内、西三河、知多半島、名古屋近郊の外構・エクステリアなら名古屋市緑区の株式会社日出山にお任せください

お問い合わせ
Column

コラム

2020/02/11

カーポートの高さについて

こんにちは!日出山です。

 

さて、カーポートの高さですが、どうやってご検討されていますか?

とりあえず自家用車が入れば……と考えてしまうことが多いかもしれませんが、

いったんストップです!

 

カーポートの屋根の高さは、

「地面からの高さ~屋根の梁(構造)の下の面まで」です。

そしてカーポートはもちろん車を停める場所=駐車場に使いますから、

土間コンクリートが打設されることが多いです。

そうすると、雨が降ったときに雨水が道路に流れるように

地面を斜めにしないと(=勾配をつける)いけませんから、

道路から敷地の奥にいくにつれ敷地の高さが高くなっていきます。

 

カーポートの奥側が地面が高くなるので、

そのぶん車が入れるスペースが狭まってしまうんですね。

さらに、車は入っても、バックドア(荷物を入れる車後部のドア)が

開けたらカーポートの当たる…ということも。

高さの検討はとても大事ですね。

方法としては、車本体の高さと、バックドアを開けた時の高さを測る。

測った高さを外構屋さんに伝えて、検討してもらうような流れとなります!

カーポートの柱は基準の高さとはさらに、ロング柱のオプションがついていますので、

もし高さが足りなければロング柱でご検討下さい^^

また、もし土地や住宅の形状の問題で

カーポートが入らない!となった際も、

屋根を斜めにカットできる場合もありますので、

一度外構屋さんに相談してみて下さいね!

 

*名古屋近郊・西三河・知多半島の外構、エクステリア工事は日出山にお任せ下さい*

*お問い合わせはホームページ内お問合せフォーム、もしくはTEL052-890-5700まで♪*

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

お問い合わせ

Contact

お電話でのご相談・お問い合わせ

Tel 052-890-5700

受付時間:9:00~18:00(休業日/毎週水曜日)

オンラインでのお問い合わせ

CONTACT FORM