名古屋市内、西三河、知多半島、名古屋近郊の外構・エクステリアなら名古屋市緑区の株式会社日出山にお任せください

お問い合わせ
Column

コラム

2020/01/19

植栽配置について

こんにちは!!日出山です。

本日から営業再開です!宜しくお願い致します。

 

さて本日は植栽の配置についてです。

お庭計画で植栽を配置する場合、

どうやって計画すればよいか?迷われる方もいらっしゃると思います。

配置のポイントとしては、

①目隠しに使う

②住宅を含めた外構の全体を見たときに、バランスをとる為に配置する

③彩り、季節感

などが挙げられます。

 

まず①ですが、例えば写真のように、玄関から道路までを

直線で結んだときのアプローチ上に配置すると、

圧迫感なく目隠しをすることができます。

門柱やフェンスなどで目隠しをする場合もありますが、

それらと比べ予算を抑えて配置できることがメリットですね!

 

②は、目線を引いて、

住宅、窓、外構計画・外構要素などの高さ・幅などを含めた

全体のバランスを見たときに、ある一か所が寂しい、

何かほしいな…と思ったときに追加する方法です。

ちょっと難しい!と思われるかもしれませんが、

感覚的なものなので、知識はいりません◎

もし迷われたら、懇意にされている外構屋さんなどにご相談してみて下さい!

 

最後の③は、②に少し似ていますが

住宅や外構ではどちらかというと落ち着いた色が多用されます。

ですので、アクセントで彩りや季節感がほしい、そういったときに配置されます。

例えば、木目のフェンスや門柱の前、

あるいは住宅のすぐ前に、植栽を植えます。そうすると

背景ができるので、より緑が綺麗に見えます^^

複数植える場合は、季節によって紅葉したり、

花が咲いたりするもの(落葉樹)、季節に左右されず葉がついているもの(常緑樹)、

組み合わせて配置することもあります。

窓から見える植栽は落葉樹にしたり、目隠しには常緑樹にしたり…などですね!

さらに、足元に照明があったらもっと素敵になります!!

ライトアップは費用をそこまでかけずに大きなクオリティを

生み出すことができるので、日出山おススメの外構要素です。

 

植栽は生き物のため、世話が手間なのでは?と

マイナスイメージを持たれることが多々ありますが、

一本でも植わっていると外構がかなり華やぎます◎

また害虫があまり寄らず生命力が強いものも中にはありますので、

迷われている方は是非ご相談下さいね!

植栽プランも合わせてお話させて頂きます^^

 

*名古屋近郊・西三河・知多半島の外構、エクステリア工事は日出山にお任せ下さい*

*お問い合わせはホームページ内お問合せフォーム、もしくはTEL052-890-5700まで♪*

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

お問い合わせ

Contact

お電話でのご相談・お問い合わせ

Tel 052-890-5700

受付時間:9:00~18:00(休業日/毎週水曜日)

オンラインでのお問い合わせ

CONTACT FORM